30歳からの転職|スキルを活かした求人の探し方

*

事務職への応募のポイント

   

事務のアピールポイント

 会社によって、事務の仕事の内容や呼び方はそれぞれです。特に大きな会社になれば、同じ「事務」であっても属する部署が変わってきます。配属される部署によって仕事内容が変わり、使うスキルや知識も其々です。

 事務では、必ず何らかの情報をまとめることになりますので、情報収集能力、文章能力、商業簿記の資格などは必ず活かせる仕事でしょう。企業が必要としている資格はもちろんのこと、事務に必要なスキルはしっかりとアピールしてきましょう。

・一般事務
 一般事務では、主に資料などの書類作成を行います。会社によっては、契約書の書面の作成をしたり、電話や来客へのお茶出しなどの受付業務も行います。データや書面をまとめるのも一般事務の仕事になります。

・経理事務
 経理事務では、お金にまつわる管理仕事をすることになります。企業の物の購入、販売を通した入出金の管理をするとても重要な役割です。配属されるのは、本社や経理部です。お金を多く扱うので計算力や簿記の力を必用とされるほか、会社からの信頼を受けることもとても大切ですね。

・営業事務
 営業事務は、一般事務に比べて顧客担当が多くなります。電話や外回りでお客様と接したりと、対人関係の外回りをして情報をまとめる仕事です。別に営業を行っているスタッフがいるのであれば、間に立ってアシスタントとして情報をスムーズに渡すようにします。配属されるのは、主に営業部です。外回りをする営業担当とペアを組んで回ることもあります。

資格やスキルについて

 事務には「簿記検定」を始め様々資格が使えます。仕事内容や、業種によっても違いますが税務会計検定、秘書検定なども一つの資格です。

 近年のコンピューター社会では、コンピュータ会計検定やワード・エクセルのスキルと言ったインターネットやパソコン、ソフトウェアに関する能力を問われることも多いですよね。また、外国語を必要とするのでしたらTOEICや英語検定、中国語検定なども必要です。

 その他に、企業内の社員・顧客の情報をまとめるのでしたら、コミュニケーション能力、情報収集能力、電話対応のスキルなどもとても大切です。

未経験からの応募は?

 事務の仕事は、「未経験可能」と書かれている企業も多くあります。さらに、資格不当、年齢不当と言う事もあります。幅広く求人をかけられている企業もあるので、未経験でも大丈夫です。初めてでも、しっかりと丁寧に指導をしてくれる事もあるので、まずは「未経験可能」と書かれている求人から応募をしてみましょう。

 ただし、逆に言えば事務での仕事は、経験や資格だけではなく内面を問われることも多いです。情報処理能力やコミュニケーション能力などと言った人間力が問われることもあるので、「事務」としての直接の経験だけではなく、これまでの社会人経験・人生経験がカギとも言えます。

 「事務」の仕事と一言にまとめても、種類は様々あります。会社によって呼び方や、細かい仕事内容が変わってくるものの、自分が得意な分野の事務につけるといいですよね。

 一般的に、経理は支出入、営業は顧客関係の情報をまとめることになります。仕事内容によって、必要なスキルや資格が変わってきますので、まずは応募先の企業の情報をよく見てみることが大切です。

 - 応募ファーム書き方のポイント

  関連記事

gf1420418598l[1]
営業職へのアピールポイント

営業のアピールポイント  営業職を目指す方のアピールポイントは、仕事内容がどのよ …

no image
店長や店長候補への応募ポイント

店長や店長候補への応募ポイント  30歳で転職活動に臨むとき、「店長」という選択 …