30歳からの転職|スキルを活かした求人の探し方

*

店長や店長候補への応募ポイント

   

店長や店長候補への応募ポイント

 30歳で転職活動に臨むとき、「店長」という選択肢を頭に入れておくと良いかもしれません。なぜなら、30代という年代は、飲食店やアパレル専門店、化粧品専門店など、さまざまな種類のお店の店長を務めるには、申し分ないからです。企業から採用後にチェーン店の店長を任されるケースもあるでしょう。

 ただ、30歳は確かにまだ若いのですが、そのお店の責任を負い、スタッフを率いていくリーダーシップがあることを、応募書類や面接などでアピールすることが大切です。理由としては、40代の転職者が一般企業に応募する際にアピールすべきことを、早いうちから期待されるケースもあるからです。

求められる人物像とは?

 30代の人材に、企業が求めている人物像は、熱意があるのはもちろんとして、それなりの実績やスキルがある人材、ということになるでしょう。20代なら、「この仕事をしたい」という強い意志があることだけに注目をされがちですが、30代になってそれだけでアピールをするには、少し弱い気がします。

 30代ならある程度年齢を重ねており、勤務経験もあるからこその技能を、採用担当者に上手に伝えるようにしましょう。

 また、30代後半になると、職務経験に加え、マネジメント能力の有無も問われるようになります。それも含めて自己アピールができるようになることがベストと言えます。あたりまえの事ですが、企業によっては求められる人材が違いますので、予めしかっりとリサーチしておくことも大切です。

未経験からの応募は?

 30代で、未経験の仕事に転職を応募することは、とても厳しくなると言わざるを得ないかもしれません。特に、30代後半を過ぎてしまうと、内定を得ることはさらに難しくなってしまうでしょう。しかし、30代前半で、未経験者歓迎の求人に根気強く当たってみれば、成功するケースも少なからずあります。営業や製造業などは未経験からでも応募できるケースが多いようです。

 やはり30代後半と違い、マネジメント能力を期待されることが、あまり無いからかもしれません。30歳で転職を考えているなら、未経験でも内定が取りやすい業界というものは沢山ありますので、そうした業界の中から自分に合う求人を探してみることをおすすめします。頑張って下さい。

 - 応募ファーム書き方のポイント

  関連記事

gf1940102612w[1]
事務職への応募のポイント

事務のアピールポイント  会社によって、事務の仕事の内容や呼び方はそれぞれです。 …

gf1420418598l[1]
営業職へのアピールポイント

営業のアピールポイント  営業職を目指す方のアピールポイントは、仕事内容がどのよ …