30歳からの転職|スキルを活かした求人の探し方

*

転職サイトと転職エージェント

   

①転職サイトとは

 今や転職活動にインターネットを利用するのは当たり前になってきています。多くの転職希望者が利用している転職サイトとはどのようなものなのでしょうか。

 転職サイトには、リクナビNEXT、マイナビ転職、イーキャリアなど数多くのサイトがあり、自分で求人を検索して応募するタイプです。メリットとしては、24時間好きな時に求人を検索することができ、クリック1つで応募することができるという手軽さです。会社を退職したいが、できれば退職する前に次の転職先を決めたい人などは、忙しい合間をぬって転職活動ができるので便利です。

 利用できるさまざまなサービスもあります。資格を持っていたり専門知識がある人などは、匿名でプロフィールを公開しておくと、企業の方から「面接を受けませんか?」とオファーがくることがある「スカウト機能」に登録すると、転職活動の幅も広がるでしょう。

 また、何度も求人情報を検索しなくても、希望条件を登録しておけばメールでお知らせがくる機能もあるので、時間がない人にはぴったりのサイトです。

②転職エージェントとは

 転職エージェントとは、転職サイトと違ってプロのコンサルタントの指導やアドバイスを受けることができます。リクルートエージェント、マイナビエージェント、パソナキャリアなど、多くのエージェントがあります。

 登録すると、まずはコンサルタントとの面談があり、あなたの職務経歴やスキルから適した企業を紹介してくれ、企業との間に入り面接日を決めてくれます。また、職務経歴書の書き方や面接のポイントの指導などもしてくれるので、初めて転職する人にとってはとても心強く感じることができるでしょう。

 
 また、抱えている案件も非公開のものが多く、全体の求人の約8割ほどは転職エージェントが持っているというほど求人数が豊富です。求人サイトやハローワークで希望する企業が見つからない場合は、転職エージェントに登録するとグンと幅が広がります。

 企業との交渉も行ってくれるので、給料の面や勤務条件の面など、自分で聞きにくい部分も交渉してもうらうことができます。1人でどうやって転職活動を進めてよいかわからない人などは、転職エージェントが向いているでしょう。

 - インターネット活用の転職活動

  関連記事

gf1940216130l[1]
転職サイト利用方法と新聞や情報誌との違い

①パソコンが無ければ利用出来ない?  インターネットを利用しての転職活動は、パソ …

nextsam
転職サイト活用術

1.転職サイトを使いこなすには?  30歳は転職するのに最適な年齢だと言えます。 …